実験室許可及び軍事工業の資質


世界五百強
上海大眾
上海大眾
VOLVO汽車
VOLVO汽車
中糧集團
中糧集團
艾默生電氣
艾默生電氣
利樂包裝
利樂包裝
中國電信
中國電信
三星愷美科
三星愷美科
大金空調
大金空調
斗山機械
斗山機械
SK 海力士半導體
SK 海力士半導體
中航工業
中航工業
三菱集團
三菱集團
日立光纜
日立光纜
沙鋼集團
沙鋼集團
中國兵器集團
中國兵器集團
聯想電腦
聯想電腦
中達電子
中達電子
華碩電腦
華碩電腦
天納克
天納克
中國石油飛天
中國石油飛天
中化國際聚酯
中化國際聚酯
中國遠洋實業
中國遠洋實業
中海油海陸港務
中海油海陸港務
飛利浦通信
飛利浦通信
日鐵金屬
日鐵金屬
道達爾工業橡膠
道達爾工業橡膠
PPG研發
PPG研發
理光感熱
理光感熱
阿,m電氣
阿,m電氣
松下電器研發
松下電器研發
華晨寶馬
華晨寶馬
法雷奧
法雷奧
佛吉亞
佛吉亞
麥格納
麥格納
法國賽峰
法國賽峰
橫河投資
橫河投資
提邁克電氣
提邁克電氣
住電電裝
住電電裝
通用西電
通用西電
大同ABB
大同ABB
愛信車身零部件
愛信車身零部件
施耐德電氣
施耐德電氣
中石化三井
中石化三井
霍尼韋爾
霍尼韋爾
上汽馬瑞利動力
上汽馬瑞利動力
日本電裝
日本電裝
住友商事
住友商事
歐萊雅
歐萊雅
住友電木
住友電木
迅達電子
迅達電子
東芝變壓器
東芝變壓器
四海電子
四海電子
蘇伊士環境
蘇伊士環境
旭化成電子
旭化成電子
LG 化學
LG 化學
西門子歐司朗
西門子歐司朗
波音-新宇軟件
波音-新宇軟件
偉創力電腦
偉創力電腦
寶鋼工程
寶鋼工程
中鋼集團
中鋼集團
仁寶電腦
仁寶電腦
華潤燃氣
華潤燃氣
有名なお客様の事例
園區國控
園區國控
銅陵有色集團
銅陵有色集團
市政服務集團
市政服務集團
上海城投
上海城投
清華蘇州院
清華蘇州院
安徽應流集團
安徽應流集團
中國醫藥城
中國醫藥城
彤程化學
彤程化學
薩爾福超高壓
薩爾福超高壓
上海環境
上海環境
薩帕鋁型材
薩帕鋁型材
耐世特汽車系統
耐世特汽車系統
福斯羅扣件系統
福斯羅扣件系統
凱斯庫汽車部件
凱斯庫汽車部件
康斯克泵業
康斯克泵業
樂軒科技
樂軒科技
德納汽車部件
德納汽車部件
長江國際
長江國際
玖龍紙業
玖龍紙業
熊貓電子
熊貓電子
天馬醫藥
天馬醫藥
恩德斯豪斯
恩德斯豪斯
好享購物
好享購物
港華燃氣
港華燃氣
尚德太陽能
尚德太陽能
哈曼貝克
哈曼貝克
恩歐凱
恩歐凱
凱塞汽車系統
凱塞汽車系統
吉利汽車
吉利汽車
鮑迪克
鮑迪克
力特保險絲
力特保險絲
馬尼托瓦克
馬尼托瓦克
惠生重工
惠生重工
中集集團
中集集團
冠捷科技
冠捷科技
光寶光電
光寶光電
達方電子
達方電子
魏德米勒
魏德米勒
永興多媒體
永興多媒體
美的冰箱
美的冰箱
海信冰箱
海信冰箱
井上中鼎
井上中鼎
艾爾?
艾爾?
晶方半導體
晶方半導體
飛索半導體
飛索半導體
日月新半導體
日月新半導體
同方半導體
同方半導體
梅思安
梅思安
理文化工
理文化工
華奇化工
華奇化工
金像電子
金像電子
高德電子
高德電子
玫瑰塑膠
玫瑰塑膠
越洋碼頭
越洋碼頭
吉力士熱塑
吉力士熱塑
新疆機場
新疆機場
捷博軸承
捷博軸承
恒力化纖
恒力化纖
盛虹化纖
盛虹化纖
姑蘇園林
姑蘇園林
華鼎裝飾
華鼎裝飾
萬科物業
萬科物業
華園地產
華園地產
順泰酒精
順泰酒精
新希望乳業
新希望乳業
吉立富軟件
吉立富軟件
中科大研究院
中科大研究院
常熟理工學院
常熟理工學院

     ホーム >> 実験室許可及び軍事工業の資質 >> 日時:2013-7-4 クリック:11314

一、実験室許可の元及び定義

20世紀40年代、オーストラリアは検査標準及び手段が足りないので、二回目の世界戦爭に武器を提供できなくなります。だからこそ、全國統一の検査體系に取り組みました。1947年、オーストラリアは先世界で一番の検査実験室許可體系−−−−國家検査権威機関(NASA)を作りました。1966年、イギリスは修正実験室許可體系−−−−イギリスサービス局(BCS)を作りました。その後、世界のたくさんの先進國はそれぞれ自分の実験室許可機関を作りました。

1973年、當時の関稅及び貿易に関する一般協定(GATTR)《貿易技術障壁協定》(TBT協定)の中で実験室許可制度を採用しました。1977年,アメリカの定義の下に、論壇性質的な國際実験室許可會議(ILAC)を作りました。それに,1996年実體になりました。つまり國際実験室許可合作組織(ILAC)です。

“許可”という言葉の伝統的な意味は選別合格、検定合格、公認合格(例えば學校、醫院、社會仕事機関が標準に達するのことを認めました)ということです。

これに似って、ISO/IEC指南2:1996年に許可の定義は権威機関は能力を持つ機関あるいは個人に対して特定任務が完成られる本格的な手順です。いわゆる権威機関は法律的な職責及び権力が持つ政府あるいは民間機関です。

この承認は修正実験室が管理能力及び技術能力を持って特定分野の仕事に従事られると言ってもいいです。

したがって、実験室許可の実質は特定の検査/修正項目に対する許可で,実験室のあらゆる業務活動ではありません。

二実験室許可の根拠

CNAS-CL01:2006《検査及び修正実験室能力許可準則》(內容はISO/IEC17025:2005に當たります)

CNAS-CL02:2008《醫學実験室質量及び能力許可準則》(內容はISO15189:2003に當たります)

CNAS-CL03:2006《能力検証計畫提供者許可準則》

CNAS-CL04:2007《標準物質/標準サンプル生産者能力許可準則》

CNAS-CL05:2009《実験室生物安全許可準則》

三、実験室申請許可の不可欠な條件

  CNASの要求に従って,許可を申請する検査/修正実験室の不可欠な條件は以下の內容です。一、明確の法律地位を持ちました。つまり実験室は単獨で法律責任を擔當られる実體です。二、許可準則及び応用説明に従って、質量管理體系を作ります。しかも各要素(過程)も運行する相応記録も必要です。その中で完全にそろっている內部査定及び管理審査を含みます。三、質量管理體系は少なくとも半年が運行して、申請後の三か月內CNASの現場査定を受けられます。申請許可範囲內の検査/修正能力を持って,できるだけ、少なくとも一回CNAS或いは彼の承認する能力検証活動を參加します必須資源を配分する権力を持ちます。CNAS許可規則、許可政策に関する規定を守ります。例えば、許可費用を払って、関連義務を履行します。

    CNASは実験室に全面的な許可を提供できます。その中で、製品あるいは材料に対して検査、テスト、評価する実験室を含みます。それに、検査計器あるいは測量裝置に対する修正する実験室も含めます。実験室許可機関は許可を申請する実験室になんの差別もありません。つまり彼の屬性(私有、株式制、業界、政府)、人員數量の多少、規模の大きさ、検査/修正活動範囲の大きさ,全部分け隔てをしないで許可サービスを提供します。

四、実験室許可の意義:

相応許可準則に従って検査及び修正サービスを繰り広げる技術能力が持つと表します

市場競爭能力を強めて、政府部門、社會各界の信任を博します

相互承認協定側國家及び地方許可機関の承認を取ります

國際合格評定機関両者、多角的な合作交流機會が多いです

許可範囲內でCNAS國家実験室許可標識及びILAC國際許可連合標識を使われます

許可を得る機関名録に加入して、知名度を広げます


 
プロIRIS、ISO27001、ISO17025、AS9100および他の関連する認定コンサルティングを提供する認定コンサルティング、。
華菱企業管理諮問有限會社[蘇 ICP No. 09007992 -1]
本社:蘇州 支店:上海、広州、杭州、合肥、西安、無錫
安徽11选5开奖结果一定 江西11选5玩法说明 双色球最准十家专家 钢铁股票走势图 甘肃快3遗漏号查询 股票行情002296 11选5任四最牛玩法 香港168六开彩开奖直播现场 万科股票行情 吉林11选5遗漏数据表 湖北快三选号技巧